コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅差(し) タビザシ

1件 の用語解説(旅差(し)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たび‐ざし【旅差(し)】

江戸時代、庶民が旅をするときに護身用に差した刀。道中差し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旅差(し)の関連キーワード脇差戒杖護身護身用スタンガン乳切り木道中羽織道中脛巾青緡道中差