旅行業務取扱管理者(読み)リョコウギョウムトリアツカイカンリシャ

デジタル大辞泉の解説

りょこうぎょうむとりあつかいかんり‐しゃ〔リヨカウゲフムとりあつかひクワンリ‐〕【旅行業務取扱管理者】

旅行業者・旅行業者代理業者の営業所における旅行取引の責任者。旅行計画を作成し、旅行者に対して条件・料金などを提示する。また、旅行に関する苦情の処理も行う。資格取得には国家試験がある。→旅行業法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旅行業務取扱管理者

旅行業法は、営業所ごとに1人以上の同管理者を置き、旅行業務の明確性やサービス提供の確実性などについて、管理・監督する、と定めている。政府は5月、地域の実情に即した同管理者試験を、9月をめどに実施する旅行業法施行規則の特例で、仙北市に認めた。

(2017-06-27 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅行業務取扱管理者の関連情報