コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅行業法 りょこうぎょうほう

3件 の用語解説(旅行業法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旅行業法
りょこうぎょうほう

昭和27年法律239号。旅行業を営む者の責任を明確にし,旅行の安全および旅行者の利便の増進をはかった法律。1952年に制定された旅行あっ旋業法を 1971年旅行業法として改正。旅行業者の国土交通省への登録,営業保証金の供託,旅行者との取引額の報告,旅行業務取扱管理者の選任,旅行業約款の決定,誇大広告の禁止,罰則規定などが設けられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょこうぎょう‐ほう〔リヨカウゲフハフ〕【旅行業法】

旅行業者と契約する旅行者を保護する法律。旅行業者は観光庁に登録し、各営業所に国家資格旅行業務取扱管理者を置く義務がある。また、年間取引額に応じて営業保証金を供託し、倒産した場合には保証金の範囲内で弁済しなければならない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

旅行業法【りょこうぎょうほう】

旅行業者に関する規制により旅行の安全の確保と利用者の利便の増進を図る法律。旅行あっ旋業法として1952年制定,1971年改称。旅行業者・旅行代理店業者の登録制度,適正な運営の確保,約款規制などを定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

旅行業法の関連キーワード虚業家銀行家賈人JATA旅行業者賠償責任保険旅行業務取扱管理者電気事業者旅行業者費用保険相互化旅行業の登録

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旅行業法の関連情報