コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

无利弖 むりて

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

无利弖 むりて

?-? 5世紀後半の豪族。
熊本県菊水町江田にある船山古墳から出土した鉄刀の銘に名がみえる。銘文にはワカタケル大王(雄略天皇)に典曹人(行政事務の役人)としてつかえたとあり,作刀の由来,書銘者などものべられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

无利弖

生年:生没年不詳
5世紀半ばから後半の熊本地方の豪族。熊本県菊水町江田にある前方後円墳江田船山古墳から出土した鉄刀(他の出土品と共に国宝)に銀象嵌された銘文に「典曹人」としてみえる。これは文官系の廷臣として大王に奉仕したことを示す。はじめ,反正天皇(ミツハ)に奉仕したと考えられていたが,稲荷山古墳(行田市)出土の鉄剣の銘文が解読されてからは,雄略天皇(ワカタケル)の時代と考えられるようになった。ただし,銘文の作者張安が渡来系の人物と思われることから,无利弖は中央の豪族で,同古墳の被葬者が无利弖のもとで雄略に奉仕し,その記念にこの刀を与えられたとする説もある。

(大平聡)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android