日がな一日(読み)ヒガナイチニチ

デジタル大辞泉 「日がな一日」の意味・読み・例文・類語

ひがな‐いちにち【日がな一日】

(多く副詞的に用いて)朝から晩までずっと。一日じゅう。終日。「日がな一日読書にふける」
[類語]一日中丸一日一昼夜日一日ひいちにち二六時中四六時中一日ひとひ全日ぜんじつ終日しゅうじつ通日尽日日暮らしひもすがらひねもす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android