日暮し(読み)ヒグラシ

デジタル大辞泉「日暮し」の解説

ひ‐ぐらし【日暮(ら)し】

朝から晩まで。一日じゅう。ひねもす。副詞的にも用いる。「日暮らし読書にふける」
(「」「茅蜩」とも書く)はんし目セミ科の昆虫。体長4センチくらい。体は褐色で緑や黒の斑紋があり、はね透明。7~9月に出現し、や森で早朝や夕方にカナカナと鳴く。かなかな。くつわぜみ。 秋》「書に倦むや―鳴いて遅し/子規
[類語](1一日中丸一日一昼夜日一日ひいちにち二六時中四六時中一日ひとひ全日ぜんじつ終日しゅうじつ通日尽日日がな一日ひもすがらひねもす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android