日一日(読み)ヒイチニチ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐いちにち【日一日】

(副詞的にも用いる)
一日一日と日がたつごとに物事が変化していくこと。日ごと。「日一日と秋が深まる」
まる一日。一日中。日がな一日。「日一日を仕事に費やす」「日一日寝て暮らす」

ひ‐ひとひ【日一日】

朝から日暮れまでの間。一日中。
「―寝(い)をのみ寝暮らし」〈明石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひいちにち【日一日】

( 連語 )
日がたつにつれて変わっていくさまにいう語。一日ごとに。日増しに。多く「と」を伴って副詞的に用いる。 「 -と春めく」

ひひとひ【日一日】

朝から晩まで。一日じゅう。終日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐いちにち【日一日】

〘名〙
① (多く「と」を伴って副詞的に用いる) 物事が日に日に進行していくことを表わす。一日ごと。一日一日。
※我等の一団と彼(1912)〈石川啄木〉三「野心の実現される時代の日一日近づいてる事を」
② 一日中。まる一日。終日日がな一日ひひとひ。
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉三「日一日炬燵で暮らすことが多かったが」

ひがな‐いちにち【日一日】

〘名〙 (「一日」を強めた語) 朝から晩まで。一日中。終日。ひがなひねもす。ひがらいちにち。
※俳諧・となみ山(1695)「花の香の暫くやまぬ宮うつし〈惟然〉 日がな一日鳥のさえづり〈野明〉」
[補注]近世になって例が見られ、「ひがら」の形もある。接尾語としての「がな」「がら」の意味は明らかでない。

ひ‐ひとひ【日一日】

〘名〙 (「ひひとい」の時代も) 朝から夜まで。終日。一日中。ひねもす。
※土左(935頃)承平四年一二月二五日「ひひとひ、よひとよ、とかくあそぶやうにてあけにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日一日の関連情報