終日(読み)ひねもす

精選版 日本国語大辞典「終日」の解説

ひねもす【終日】

からまで。一日中。ひねむす。ひめもす。ひめむす。
万葉(8C後)一八・四〇三七「乎敷(をふ)の崎漕ぎたもとほり比禰毛須(ヒネモス)に見とも飽くべき浦にあらなくに」
[誌](1)「よもすがら」に対応する。「日」に接尾語「ね」が付いた「ひね」に助詞の「も」が付き、さらに接尾語「すがら」が付いた「ひねもすがら」の変化した語と思われる。
(2)上代から中古にかけて多用されたが、中世から近世にかけては「ひめもす」の方が一般的で、中世にはほかに「ひめもそ」「ひめむす」「ひねむす」などがあり、かなり語形が揺れていた。近世以降は再び「ひねもす」が多くなるが、雅語として規範意識に基づいて古形に戻されたものと考えられる。

しゅう‐じつ【終日】

〘名〙 朝から晩まで。まる一日。ひねもす。
※続日本紀‐神亀二年(725)一一月己丑「宴飲日。極楽乃罷」
※古今著聞集(1254)四「心にまかせて終日遊戯しける」 〔易経‐乾〕

ひめむす【終日】

〘名〙 「ひめもす(終日)」の変化した語。〔観智院本名義抄(1241)〕
※信心録(ヒイデスの導師)(1592)三「ゲラウ ナドワ fimemusu(ヒメムス) ヒトニ ヤトワレ」

ひめもそ【終日】

〘名〙 「ひめもす(終日)」の変化した語。
※米沢本沙石集(1283)一〇末「自証の時は、終日(ヒメモソ)に説(とけ)ども不説、利他の時、無説の処に終日説也」

ひめもす【終日】

書紀(720)推古一二年四月(岩崎本室町時代訓)「公事(をほやけのわさ)(いとま)(な)し。終日(ヒメモス)に尽し難し」

ひ‐すがら【終日】

〘名〙 朝から晩まで。しゅうじつ。一日中。ひもすがら。
曾丹集(11C初か)「あらかねの としの日かずを かぞへつつ すがのねの 長しと思ふ 春のひすから」

ひねむす【終日】

※忠見集(960頃)「ひねむすにみれどもあかずゆふつけてかものやしろにおりやつがまし」

ひ‐も‐すがら【終日】

〘名〙 一日中ずっと。
俳諧・寛保四年歳旦帖(1744)「古庭に鶯啼きぬ日もすがら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「終日」の解説

ひ‐も‐すがら【終日】

[副]朝から晩まで。一日じゅう。ひねもす。
「—ぼんやりと、手足を伸ばして」〈谷崎・人魚の嘆き〉
[類語]一日中丸一日一昼夜日一日ひいちにち二六時中四六時中一日ひとひ全日ぜんじつ終日しゅうじつ通日尽日日がな一日日暮らしひねもす

ひ‐すがら【終日】

朝から晩まで。一日中。ひもすがら。
「春の—眼をば霞む山べにきはめつくし」〈曽丹集

ひねもす【終日】

[副]朝から晩まで続くさま。一日中。しゅうじつ。「終日読書にふける」
[類語]一日中丸一日一昼夜日一日ひいちにち二六時中四六時中一日ひとひ全日ぜんじつ終日しゅうじつ通日尽日日がな一日日暮らしひもすがら

ひめもす【終日】

[副]ひねもす」に同じ。
「—に悲しく見たてまつる」〈浜松・三〉

しゅう‐じつ【終日】

一日中。朝から晩まで。まる一日。ひねもす。「終日机に向かう」
[類語]一日中丸一日一昼夜日一日ひいちにち二六時中四六時中一日ひとひ全日ぜんじつ通日尽日日がな一日日暮らしひもすがらひねもす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「終日」の解説

【終日】しゆうじつ

一日中。〔子、勧学(われ)嘗(かつ)て日にして思ひしも、須臾(しゆゆ)の學ぶに如(し)かざるなり。

字通「終」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android