コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四六時中 シロクジチュウ

デジタル大辞泉の解説

しろくじ‐ちゅう【四六時中】

一日中。また、日夜。いつも。昔の「二時(にろくじ)」を今の24時制に直していったもの。「四六時中仕事のことが頭を離れない」→二六時中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろくじちゅう【四六時中】

( 副 )
〔1日24時間を、昔の「二六時中」にならって今風に言い直したもの〕
一日中。いつも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四六時中の関連キーワード盗人の隙はあれども守り手の隙がない凱旋門(レマルクの小説)自動車事故被害者問題腎盂がん/尿管がん議員定数不均衡訴訟代走みつくに腰痛(症)ぷかぷか衛星通信

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四六時中の関連情報