四六時中(読み)シロクジチュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二四時間中。一日中。転じて、いつも。しじゅう。二六時中。〔音訓新聞字引(1876)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

二四時間中。一日中。転じて、いつも。しじゅう。二六時中。

[使用例] できる事なら、朝、昼、晩、四六時中、竹一のから離れず彼が秘密を口走らないように監視していたい気持ちでした[太宰治*人間失格|1948]

[使用例] 快活で機敏で、しかも四六時中喋りつづけている饒舌家であり[司馬遼太郎殉死|1967]

[解説] 「二六時中」(昔、一日を昼・夜それぞれ六刻に分け、一日が十二刻であったところから、一日中の意)を現在の二十四時間制に直した言い方。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四六時中の関連情報