コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日の出南京 ひのでなんきん

1件 の用語解説(日の出南京の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ひのでなんきん【日の出南京】


宮崎の郷土料理で、かぼちゃの上部を切り取って中の種子を取り除き、中に調味した鶏のひき肉を詰め、中央に卵黄を落として蒸したもの。特産の日向(ひゅうが)かぼちゃを用いる。◇卵黄を日の出にたとえてこの名がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日の出南京の関連キーワードカボチャ(南瓜)カボチャに目鼻カボチャ野郎金冬瓜西洋カボチャ冬至カボチャ唐茄子セイヨウカボチャニホンカボチャクリカボチャ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone