日暹(読み)にっせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日暹 にっせん

1586-1648 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)14年生まれ。日蓮宗。身延山久遠寺の日遠(にちおん)に師事し,京都本満寺11世などをへて寛永5年身延山久遠寺26世となる。翌年日樹ら不受不施派の取り締まりを幕府にうったえ,江戸城の対論(身池対論)では受派の代表者となって勝ちをおさめた。慶安元年5月29日死去。63歳。俗姓は浦井。字(あざな)は隆恕。号は智見院。著作に「西谷名目標条」「不受不施論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android