コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日暹 にっせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日暹 にっせん

1586-1648 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)14年生まれ。日蓮宗。身延山久遠寺の日遠(にちおん)に師事し,京都本満寺11世などをへて寛永5年身延山久遠寺26世となる。翌年日樹ら不受不施派の取り締まりを幕府にうったえ,江戸城の対論(身池対論)では受派の代表者となって勝ちをおさめた。慶安元年5月29日死去。63歳。俗姓は浦井。字(あざな)は隆恕。号は智見院。著作に「西谷名目標条」「不受不施論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日暹の関連キーワード中村 勝契日置 黙仙日置黙山江川英毅日置黙仙棲悟宝嶽中村勝契日泰寺日親日允日印

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android