対論(読み)タイロン

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)両者が向かい合って、または、ある事柄について対抗して議論すること。また、その議論。「両陣営が集い、対論する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
双方が相対して議論すること。また、その議論。 公の場で両者を-させる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 両者が向かい合って議論すること。相対して論じ合うこと。また、ある事柄について対抗して行なう議論。
※日本往生極楽記(983‐987頃)延昌「毎夜誦尊勝陀羅尼百遍。毎月十五日招延諸僧。唱彌陀讚。兼令論浄土因縁。法華奥儀」 〔景徳伝燈録〕
② 相手どって裁判沙汰にすること。
※新編追加‐宝治二年(1248)七月二九日「主従対論事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対論の関連情報