対論(読み)タイロン

デジタル大辞泉の解説

たい‐ろん【対論】

[名](スル)両者が向かい合って、または、ある事柄について対抗して議論すること。また、その議論。「両陣営が集い、対論する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいろん【対論】

( 名 ) スル
双方が相対して議論すること。また、その議論。 「公の場で両者を-させる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ろん【対論】

〘名〙
両者が向かい合って議論すること。相対して論じ合うこと。また、ある事柄について対抗して行なう議論。
※日本往生極楽記(983‐987頃)延昌「毎夜誦尊勝陀羅尼百遍。毎月十五日招延諸僧。唱彌陀讚。兼令論浄土因縁。法華奥儀」 〔景徳伝燈録〕
② 相手どって裁判沙汰にすること。
※新編追加‐宝治二年(1248)七月二九日「主従対論事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対論の関連情報