対論(読み)たいろん

精選版 日本国語大辞典「対論」の解説

たい‐ろん【対論】

〘名〙
① 両者が向かい合って議論すること。相して論じ合うこと。また、ある事柄について対抗して行なう議論。
※日本往生極楽記(983‐987頃)延昌「毎夜誦尊勝陀羅尼百遍。毎月十五日招延諸僧。唱彌陀讚。兼令論浄土因縁。法華奥儀」 〔景徳伝燈録〕
② 相手どって裁判沙汰にすること。
新編追加‐宝治二年(1248)七月二九日「主従対論事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対論」の解説

たい‐ろん【対論】

[名](スル)両者が向かい合って、または、ある事柄について対抗して議論すること。また、その議論。「両陣営が集い、対論する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android