日月行道(読み)じつげつこうどう

精選版 日本国語大辞典の解説

じつげつ‐こうどう ‥カウダウ【日月行道】

〘名〙 太陽や月が運行する道すじ。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)出羽三山「雲霧山気の中に氷雪を踏んでのぼること八里、更に日月行道の雲関に入(いる)かとあやしまれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる