雲関(読み)うんかん

  • うんかん ‥クヮン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 雲のかかるほど高い所にある関所。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)出羽三山「日月行道(かうだう)の雲関に入るかとあやしまれ」 〔王勃‐長柳詩〕
② 雲が重なって関門のようになっていることのたとえ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)六・春日城北幽庄言志〈藤原周光〉「後会難知何再日、若分銅虎越雲関」 〔李白‐遊泰山詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android