日本サムスン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本サムスン

韓国サムスングループの中核企業であるサムスン電子などの子会社で、75年に設立された。前身は53年にサムスン物産が開いた東京支店。電子・情報通信関連の部品・製品などの輸出入・販売を手掛け、05年の売上高は9515億円。

(2006-05-21 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本サムスン

正式社名「日本サムスン株式会社」。英文社名「SAMSUNG JAPAN CORPORATION」。卸売業。昭和50年(1975)前身のサムスンジャパン設立。平成10年(1998)設立。本社は東京都港区港南。韓国サムスングループ。総合商社。サムスン電子の半導体・液晶パネル・有機EL製品など電子・情報通信関連製品の日本国内販売を行う。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android