日本チェス協会(読み)にほんちぇすきょうかい

世界大百科事典内の日本チェス協会の言及

【チェス】より

…明治時代に将棋の小野五平名人ら一部上流階級で行われていたという事実や,1933年に当時の世界チャンピオン,アレキンが来日して目隠し同時対局を行ったという記録がある。第2次大戦後いくつかのクラブが結成され,68年日本チェス協会となってFIDEに加盟,69年以後チェスオリンピックに参加している。
[用具]
 盤は正方形で,市松模様の縦8×横8の濃淡(黒,白と通称)64の升目からなる。…

※「日本チェス協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android