コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本中毒情報センター にほんちゅうどくじょうほうセンター

1件 の用語解説(日本中毒情報センターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本中毒情報センター
にほんちゅうどくじょうほうセンター

子供が有害物質を食べた際などの処置法を,適切にアドバイスするため発足した情報センター。専門家が常に待機し,24時間態勢で救急相談に当っている。 1986年に中毒 110番として発足した当時は,医療機関や治療前に対応するプレホスピタル機関への情報提供が中心と位置づけられていたが,実際には一般からの,特に小児に関する問合せが8割を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本中毒情報センターの関連キーワード薬食い鉱水食中りTSCA血液透析濾過法濃縮法吸収缶三元触媒内標準法特定有害物質

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本中毒情報センターの関連情報