コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本応用教育心理学会

2件 の用語解説(日本応用教育心理学会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

日本応用教育心理学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japanese Society of Clinical Educational Psychology」、略称は「JSCEP」。教育心理学に関する研究を行う。事務局所在地大阪府大阪市

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐おうようきょういくしんりがっかい〔‐オウヨウケウイクシンリガククワイ〕【日本応用教育心理学会】

教育心理学と現場教育との相互関連による研究の発展をめざす学術団体。昭和59年(1984)設立。JSCEP(Japanese Society of Clinical Educational Psychology)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本応用教育心理学会の関連キーワードICSU学術会議学術団体学術用語SCJISIJ日本学術振興会法日本学術会議会長談話広渡清吾未来開拓学術研究推進事業