学術団体(読み)ガクジュツダンタイ

デジタル大辞泉の解説

がくじゅつ‐だんたい【学術団体】

学問の発展・奨励を主な目的に、研究者および援助者が組織する団体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくじゅつだんたい【学術団体】

学術研究の促進発展を目的として組織された、学者・研究者およびその援助者の団体。各種の学会や研究集団、日本学術会議など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がくじゅつ‐だんたい【学術団体】

〘名〙 学術を研究、または奨励することを主たる目的とする団体。
特許法(1959)三〇条「又は特許庁長官が指定する学術団体が開催する研究集会において」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学術団体の関連情報