コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本正教会 にほんせいきょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本正教会
にほんせいきょうかい

正式には日本ハリストス (キリストロシア風発音) 正教会ギリシア正教系の教会。 25歳のロシア人修道司祭ニコライの函館渡来 (1861) が布教の第一歩沢辺琢磨 (最初の日本人司祭) ら少数の信徒の協力で仙台に進出,明治4 (71) 年伝道会社を起して東京に開教,ロシア皇太子遭難事件,日露開戦などの難局を克服,おもに東北,東日本に教勢を伸ばし,隆盛をみたが,ロシア革命による本国教会の壊滅,関東大震災と次々と打撃を受け停滞,さらに 1940年邦人主教問題で紛糾,第2次世界大戦後は解釈上の相違から,モスクワ系とアメリカ系に分れた内紛があったが,現在ではロシア正教会を母体とする自治教会として独立している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にほんせいきょうかい【日本正教会】

日本にほんハリストス正教会せいきようかい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本正教会の関連情報