コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢辺琢磨 さわべ たくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢辺琢磨 さわべ-たくま

1835-1913 明治時代の神父。
天保(てんぽう)6年1月5日生まれ。坂本竜馬の従弟。箱館で神職沢辺家をつぐ。ロシア正教ニコライ神父を殺害しようとして逆に感化をうけ,慶応4年日本で最初の正教会信徒,明治8年日本人初の正教会司祭となった。大正2年6月25日死去。79歳。土佐(高知県)出身。本姓は山本。幼名は数馬。洗礼名はパウエル

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沢辺琢磨

没年:大正2.6.25(1913)
生年:天保5.1.5(1834.2.13)
日本ハリストス正教会最初の日本人司祭。土佐(高知県)出身。武市瑞山の高知新町道場で塾頭を務める。江戸で罪を犯して箱館に逃れ,神明社(山上大神宮)の宮司となる。養子となって沢辺琢磨と改名。幼名は山本数馬。文久3(1863)年,修道司祭ニコライの日本語教師新島襄と親交を結ぶ。熱烈な攘夷論のゆえニコライ殺害の意図を持ち論争を挑んだが,逆に正教を信じるに至り,慶応4(1868)年に入信。明治8(1875)年,司祭になり,宮城,岩手,福島,東京で伝道。幕末期の志士のひとつの生き方を示した。<参考文献>福永久寿衛『沢辺琢磨の生涯』

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢辺琢磨
さわべたくま
(1834―1913)

日本ハリストス正教会の最初の信者。長司祭。天保(てんぽう)5年1月5日、土佐(とさ)国(高知県)土佐郡潮江村に土佐藩郷士(ごうし)山本代七信道の長男として生まれる。父方の従兄(いとこ)に坂本龍馬(りょうま)がいた。箱館(はこだて)(函館)で神明社宮司(ぐうじ)の女婿となり沢辺姓となる。尊王攘夷(じょうい)論者であった彼は、箱館のロシア領事館付司祭ニコライの殺害を思い立つが、ニコライと議論をたたかわすうち、正教の真理にとらえられ(1865)、宮司の職を捨てて1868年(慶応4)4月酒井篤礼(あつのり)・浦野大蔵とともにニコライより受洗した。75年(明治8)日本の正教会最初の司祭となり、東北を中心に布教に努め、正教会創設・発展に寄与した。大正2年6月25日東京にて没。青山墓地に葬られた。[山川令子]
『石川喜三郎編『日本正教伝道誌』(1901・日本正教会編集局) ▽柴山準行編『大主教ニコライ師事蹟』(1936・日本正教会総務局) ▽福永久寿衛著『沢辺琢磨の生涯』(1979・沢辺琢磨伝刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沢辺琢磨の言及

【ニコライ】より

…日本語および日本事情を学びながら,キリシタン禁制下にひそかに日本人への伝道を始めた。密航前の新島襄はニコライの門をたたいたし,のち邦人初の正教司祭となった沢辺琢磨も函館で入信した。いったん帰国し,日本伝道会社を設立し,72年に東京進出。…

※「沢辺琢磨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沢辺琢磨の関連キーワード牧野省三バルザックポー(Edgar Allan Poe)カフカセネット[各個指定]芸能部門歴史小説デトリングチームⅩネグリチュード

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢辺琢磨の関連情報