コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本海固有水 にほんかいこゆうすいJapan Sea proper water

海の事典の解説

日本海固有水

表層の数百mを除くと、日本海は水温・塩分がほとんど一様な均質な海水で満たされており、この水を日本海固有水と呼ぶ。固有水は日本海の海水の85%を占 め、水温は0.0~0.5℃、塩分は34.0~34.1psuの範囲にある。溶存酸素量は海底近くでも 5.0~5.5ml/lと隣接する海洋に比べ著しく高く、この海水は外部から流入してきたものではなく、日本海北部で冬期の冷却作用によって作られたもの で、その滞留時間も高々百年のオーダーとされる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

日本海固有水の関連キーワード富山湾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android