コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本海盆 にほんかいぼん

2件 の用語解説(日本海盆の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕日本海盆(にほんかいぼん)


日本海北部に広がる海盆。東は北海道南西沖、西はチョソン半島(朝鮮(ちょうせん)半島)北東岸沖まで東西約750km、北はロシア沿海州南岸、南は日本海中央の大和海嶺(やまとかいれい)まで約350kmにわたる。水深3000~3500mの深海平原で、北東部の最深部は水深3685mに達する。海底には厚さ1000mもの堆積物(たいせきぶつ)が積もる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本海盆
にほんかいぼん

日本海の北半分を占める海盆。もっとも深いところは約3500メートル。周りの陸地から海底谷を通って流れ込んだ陸性堆積(たいせき)物が厚さ2000メートルも積もり、著しく平坦(へいたん)であるが、西部はやや浅くなっている。地殻構造は標準的な海洋性であり、地殻熱流量も比較的高く、成熟期にある縁海と考えられている。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本海盆の関連キーワード尾花岬オホーツク海日本海溝檜山北海道南西沖地震奥尻[町]増毛[町]北海道南西沖地震と奥尻町ニシン(鰊∥鯡∥春告魚)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone