日本経済大典(読み)にほんけいざいたいてん

世界大百科事典 第2版の解説

にほんけいざいたいてん【日本経済大典】

経済学者滝本誠一の編纂した,平安時代から明治前期に及ぶ法制,経済,農政に関する文献集。とくに江戸期の経世書を網羅している。滝本が1914‐17年に編纂した《日本経済叢書》(全36冊)を校訂し,これに未刊本を加えたものである。最初28‐30年に全54冊で刊行され,ついで66‐71年に復刊,76年には同じく滝本の編纂した《通俗経済文庫》(1916‐17初刊)が補巻と銘うち全6冊刊行された。【大口 勇次郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android