コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本経済大典 にほんけいざいたいてん

世界大百科事典 第2版の解説

にほんけいざいたいてん【日本経済大典】

経済学者滝本誠一の編纂した,平安時代から明治前期に及ぶ法制,経済,農政に関する文献集。とくに江戸期の経世書を網羅している。滝本が1914‐17年に編纂した《日本経済叢書》(全36冊)を校訂し,これに未刊本を加えたものである。最初28‐30年に全54冊で刊行され,ついで66‐71年に復刊,76年には同じく滝本の編纂した《通俗経済文庫》(1916‐17初刊)が補巻と銘うち全6冊刊行された。【大口 勇次郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本経済大典の関連キーワード長宗我部元親百箇条植崎九八郎上書徳川理財会要辻六郎左衛門山下幸内上書滝本 誠一植崎九八郎町人考見録地方根元記奥羽海運記勧農固本録華夷通商考地方落穂集地方凡例録勧農或問太宰春台田園類説民間省要県令須知正司考祺

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android