コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本脳炎ウイルス にほんのうえんウイルス

百科事典マイペディアの解説

日本脳炎ウイルス【にほんのうえんウイルス】

日本脳炎病原体。直径約40nmの球形ウイルス。RNA,タンパク質,脂質からなる。同群のウイルスにセントルイス脳炎,デング熱黄熱などの病原体がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の日本脳炎ウイルスの言及

【日本脳炎】より

…日本脳炎ウイルスによって起こる感染症。1871年(明治4)の夏から秋にかけて京都で流行した脳炎が今日の〈日本脳炎〉の正式記録の始まりである。…

※「日本脳炎ウイルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本脳炎ウイルスの関連キーワードおもな感染症と病原体アルボウイルス西ナイル熱ワクチン林道倫イエカ保菌者感染

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本脳炎ウイルスの関連情報