コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平沼亮三 ひらぬまりょうぞう

6件 の用語解説(平沼亮三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平沼亮三
ひらぬまりょうぞう

[生]1879.2.25. 神奈川,横浜
[没]1959.2.13.
実業家,政治家,スポーツ指導者。 1898年慶應義塾大学卒業。古河電気,麒麟麦酒玉川電鉄などの重役を歴任。 1924年衆議院議員に当選し,1932年からは貴族院議員を務めた。スポーツ振興にも尽力し,1925年大日本体育協会副会長,日本陸上競技連盟会長,1936年国際陸上競技連盟会長,1945年大日本体育協会会長に就任し,国民体育大会を実施。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひらぬま‐りょうぞう〔‐リヤウザウ〕【平沼亮三】

[1879~1959]実業家・政治家。神奈川の生まれ。日本体育協会会長・横浜市長などを歴任。スポーツ振興に尽力、昭和21年(1946)国民体育大会を創始。文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

平沼亮三【ひらぬまりょうぞう】

実業家,政治家,アマチュアスポーツ振興の功労者。横浜市出身。慶大在学中からスポーツ万能選手として知られ,卒業後実業界で活躍するかたわら,各種スポーツ団体の会長を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平沼亮三 ひらぬま-りょうぞう

1879-1959 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治12年2月25日生まれ。大正4年衆議院議員(当選2回,民政党)。のち貴族院議員。この間第一ホテル社長,日本陸連会長などをつとめ,昭和7年,11年のオリンピック日本選手団長。26年横浜市長。30年文化勲章。昭和34年2月13日死去。79歳。神奈川県出身。慶応義塾卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらぬまりょうぞう【平沼亮三】

1879‐1959(明治12‐昭和34)
実業家,政治家,アマチュアスポーツ振興の功労者。神奈川県出身。スポーツ万能で,慶応大在学中は野球部選手であった。若くして衆議院・貴族院議員として政界で活躍,また多くの会社の社長,重役として経済界でも著名であった。そのかたわら日本陸上競技連盟,日本ハンドボール協会,東京六大学野球連盟会長などを歴任,多くのスポーツ団体に関係した。1932年のロサンゼルス,36年のベルリンの両オリンピック大会で日本代表選手団団長を務め,また岸清一とともにオリンピック東京大会(第12回)の招致に努力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平沼亮三
ひらぬまりょうぞう
(1879―1959)

「スポーツの父」といわれたスポーツ人。横浜市生まれ。慶応義塾大学時代からスポーツ万能選手であった。神奈川県議会議員から、貴族院(いまの参議院)議員を務めたが、スポーツ界との縁は切れず、1946年(昭和21)日本体育協会が会長公選になったとき、第1回の会長に選ばれた。ロサンゼルス、ベルリン両オリンピック大会には日本選手団の団長。また、陸上競技連盟、バレーボール、体操、ハンドボール、東京六大学野球連盟などの会長を務めるなど、スポーツ界功労者として活躍した。また、スポーツこそ青少年に希望の灯をともすとして、国民体育大会の開催を考え、大会旗を地方持ち回りにすることで施設の充実を願い、成功した。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

平沼亮三の関連キーワード織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令沖縄(県)刑具紙幣整理尚氏電球琉球処分

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone