日本電気精器(読み)にっぽんでんきせいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本電気精器
にっぽんでんきせいき

重電メーカー。 NEC系。 1914年小穴秀一が創立した電気機械器具製造工場を前身に,17年設立。 40年日本電気が経営参加。 45年現社名に変更。大型電源をはじめ制御機器を主力として発展したが,電子機器へと転換をはかっており,バーコード機器,パソコン関連部門へと業務を拡大している。 99年 10月ネミック・ラムダに吸収合併され,デンセイ・ラムダとなる。売上構成比は,電源 53%,情報 22%,精密 16%,その他9%。年間売上高 384億 4400万円 (連結。うち輸出6%) ,資本金 45億円,従業員数 821名 (1999年3月) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android