コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比野光鳳 ひびの こうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日比野光鳳 ひびの-こうほう

1928- 昭和後期-平成時代の書家。
昭和3年11月22日生まれ。日比野五鳳の子。父にまなぶ。昭和52,53年日展で特選となり,62年「天の海」で会員賞。平成11年「花」で芸術院賞。母校同志社大の講師などをつとめた。水穂(すいほ)会会長。日本かな書道会理事,日展理事。20年芸術院会員。23年文化功労者。京都出身。本名は尚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日比野光鳳の関連キーワード書家

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android