コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日産ディーゼル GE13

1件 の用語解説(日産ディーゼル GE13の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

日産ディーゼル GE13

国内大型トラック初のユニットインジェクタ採用エンジン。最大燃料噴射圧200MPaを可能としたツインバルブコントロール式ユニットインジェクタの採用により大幅にPMを低減した。また、世界初の尿素SCRシステムとクールドEGRシステムの組合わせによりNOxの大幅な低減を実現した。これにより、日本で2005年10月に施行された世界で最も厳しいとされる新長期排ガス規制を1年前倒しでクリアすると同時に燃費の向上を図った。車両運行燃費で比較すると、EGR+DPFシステムで新短期排出ガス規制・超PM適合させた場合に対して+10.5%向上させることができた。保管場所
製作(製造)年2004
製作者(社)日産ディーゼル工業(株)
資料の種類量産品
型式日産ディーゼル GE13
種類ディーゼルエンジン
会社名日産ディーゼル工業(株)
用途貨物自動車
実物所在現行車に搭載
搭載車種トラック、トラクター
製作開始年2004
設計者日産デイーゼル工業(株)
シリンダ配列・数直6縦置
サイクル/冷却方式4サイクル/水冷
弁型式/数OHC/4バルブ
燃焼方式直接噴射式
燃焼室浅皿トロイダル型燃焼室
総排気量13.074 L
内径×行程136.0mm×150.0mm
圧縮比17.5
質量(重量)1220kg
寸法1600mm×1135mm×1210mm
噴射ノズル電子式
最高出力/回転数279kW/1800rpm (NET)
最大トルク/回転数1648N・m/1400rpm (NET)
燃料消費率
燃料噴射方式ユニット インジェクタ-
排気ガス対応新長期規制対応超高圧燃料噴射排気ガス再循環装置(EGRクーラー付き)尿素選択還元型触媒システム(SCR)
過給機形式ターボ式
インタークーラー付き
可変装置
その他ブローバイ・ガス還元装置:クローズド ベンチレイション システム
エピソード・話題性ユニットインジェクタによる超高圧燃料噴射と世界初の尿素SCRシステムを組み合わせた「FLENDS」システムを採用
特徴ツインバルブコントロール式超高圧ユニットインジェクタ、OHC 4バルブ、ベッドプレート構造、クールドEGRシステム、可変翼ターボチャージャ(TD、TE、TF)構造上の主な特徴は、(1)高剛性設計 ①CV鋳鉄採用のカムジャーナル一体型シリンダヘッド ②2重壁構造+ベッドプレート構造によるシリンダブロック(2)低フリクション設計 ①ローラロッカアームの採用 ②クランク及びカムシャフトへのスーパフィニッシュの採用 ③3連ギヤ式省エネオイルポンプの採用 ④ボールベアリング式ターボチャージャ(GE13TA、TB、TC)(3)エンジンバリエーション
参考文献笠原 則彦、三上 隆史、鈴木 彰 「新長期排ガス適合GE13エンジンの開発」日産ディーゼル技報 No.65(2006)程塚 正夫、小林 信裕 「新長期排出ガス規制適合GE13エンジン」山海堂 エンジンテクノロジー  No.42

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日産ディーゼル GE13の関連キーワードユニット家具インジェクションユニットバスインジェクターエレクトロニックフューエルインジェクションパパイアインジェクションフューエルインジェクションマウスユニットラック倉庫ユニット(Unit)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone