日米金融協議(読み)にちべいきんゆうきょうぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日米金融協議
にちべいきんゆうきょうぎ

日米金融市場作業部会の通称日米円・ドル委員会の解散後,日米間の金融問題をより多角的,具体的に協議していく目的で設置された。 1990年5月,東京で開催された第2回日米金融協議では,日本の預貯金金利自由化が最大のテーマとなり,その完全自由化のスケジュールをめぐり双方の意見が対立した。また日本の金融市場の閉鎖性,取引慣行の不透明性についてもアメリカ側から指摘があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android