指摘(読み)してき

精選版 日本国語大辞典「指摘」の解説

し‐てき【指摘】

〘名〙 全体のなかから大切な事や注意しなければならない事を特に取りあげて、具体的にさし示すこと。
※童子問(1707)下「欲一毫無一レ人之指
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉をかしき楽劇「その批評、その指擿、その刪除に逢ふときは」 〔北史‐王劭伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「指摘」の解説

【指摘】してき

過誤をさし示す。〔抱朴子、自叙を論ずるや、則ち其の得るの佳なるを撮(と)り、其のを指せず。故に毀譽(きよ)の怨み無し。

字通「指」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android