コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野コンテッサ900 PC10

日本の自動車技術240選の解説

日野コンテッサ900 PC10

ルノー国産化の経験を活かして独自設計したリヤエンジン乗用車。リヤサスペンションは耐久性と操縦安定性の見地から独自のトレーリンゴアーム方式を用いた。スポーティーな車で、1963年第一回日本グランプリツーリングカークラス(700~1000cc)で1位、スポーツカークラス(1300cc以下)で2位に入賞した。1956年、未だ盛んにルノーを生産して居る頃に次期乗用車として検討に入った。基本的にはルノーの生産設備を極力流用すること、設計・製造面でルノーから学んだ技術を活用すること、ルノー4CVより車格を少し上げて近代的なスタイルにすること、自家用・営業用を両立させること、等であった。1961年から1964年にかけて4万7千台余り生産した。保管場所株式会社日野自動車21世紀センター・オートプラザ (〒192-0916 東京都八王子市みなみ野5丁目28番5号)
製作(製造)年1961
製作者(社)日野自動車工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
車名日野コンテッサ900
モデル名PC10
会社名日野自動車工業(株)
製作開始年1961
車種・用途乗用車
実車所在/模型あり
ドア数4ドア
乗員5名
車両重量720kg
構造モノコック
全長3,795mm
全幅1,475mm
全高1,415mm
タイヤサイズ゙5.50-14-2プライ
前軸ウイッシュボーン
後軸スイングアクスル
軸距2,150mm
ステアリングラック・ピニオン
冷却/気筒配列水冷/直4
弁機構OHV
内径x行程60×79
排気量893cc
最高出力/回転数35PS/5,000rpm
過給機なし
燃料タンク容量32
特徴ガソリン
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前3又は4、後1
駆動方式RR
モード燃費-
その他事項足ブレーキ:オイル;手ブレーキ:ケーブル後輪作動;最終減速比:4.62;最高速度:110km/h;燃費率:20km/l;

出典|社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について | 情報

日野コンテッサ900 PC10の関連キーワードルノー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android