コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルノー Renaud, Madeleine-Lucie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルノー
Renaud, Madeleine-Lucie

[生]1900.2.21. パリ
[没]1994.9.23. パリ郊外
フランスの女優。 1921年コメディー・フランセーズで初舞台を踏み,モリエール喜劇の生娘役で成功,早くから映画にも出演,その洗練された演技が人気を呼んだ。 J.-L.バローと結婚し,46年劇団を創立,マリニー座で J.ジロドゥや P.クローデルの作品を演じ,S.ベケット,M.デュラスなど前衛的作品でも意欲的に活躍。現代フランスきっての名優と認められる。

ルノー
Renault, Jean Louis

[生]1843.5.21. オータン
[没]1918.2.8. バルビゾン
フランスの法学者。ディジョン,パリ両大学教授を歴任,ローマ法,商法,国際法を担当したほか,外務省顧問 (1890) として外交政策を国際法の観点から検討。ハーグ平和会議 (99,1907) ,ロンドン軍縮会議 (08~09) などに出席。仲裁裁判官として多くの紛争の仲裁に成功。 1907年イタリアの E.モネータとともにノーベル平和賞を受賞した。主著"Introduction à l'étude du droit international" (1879) 。

ルノー
Renault SA

フランスの自動車会社。 1898年 L.ルノーによって創立。 1920年代には小型車の生産に乗出し,フランスの自動車産業における有力な企業の一つとなったが,第2次世界大戦中ルノーがナチスに協力したため,45年その資産が国家に押収されるとともに国有化され公団組織になった。のち,小型乗用車の大量生産に成功,55年子会社 SAVIEM (サビエム) を設立,トラック,バスなどの生産に進出。中型乗用車を中心に商業車,トラクタ,工業・船舶用エンジンを生産するほか,75年バス,トラックの大手メーカー M.ベルリエを,近年は精密工具メーカーのコンストリュクシオン・ド・クリシ,オートバイメーカーのベロソレックスを買収するなど事業多角化を推進している。十数ヵ国に組立て工場をもつほか,ヨーロッパを中心に販売子会社がある。 90年にボルボ社と乗用車,商用車で提携。同年フランス政府はボルボ社に 25%の株式を譲渡し,株式会社に組織変更。 97年における政府出資比率は 44%となっている。 99年3月日産自動車との間で資本提携を結び,事実上日産を傘下におさめた。乗用車・軽商用車の販売台数は 184万台,商用車では6万 4000台。年間売上高 2079億 1200万フラン,総資産 2331億 5500万フラン,従業員数1万 4315名 (1997) 。

ルノー
Renault, Louis

[生]1877. パリ
[没]1944.10.24. パリ
フランスの自動車製造者。フランス最大の自動車会社ルノーの創業者。1898年に初めて自動車を製造した。2人の兄フェルナン,マルセルとともに小型自動車を開発し,ルノー・フレール社を設立した。ルノー・フレールの車は数々のレースで優勝し注目を集めたが,1903年のパリ―マドリード自動車レースでマルセルが事故死,以後ルノーは自動車レースから撤退し,自動車製造に専念した。1918年に開発したルノーFT戦車は,第1次世界大戦末期に歩兵の護衛に活躍した。ブーローニュビヤンクールの工場の生産能力を増強し続け,戦後は農業機械,船舶機器,工業機械,ディーゼルエンジン(→ディーゼル機関)へと事業を拡大した。第2次世界大戦中もドイツ占領下で軍需品の製造を続けたため,フランスが解放されると,ナチスの協力者として投獄された。裁判前に獄中で死亡。ルノーの死後,1945年にルノー社は国有化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルノー

フランスの女優。コンセルバトアール演劇科卒業後,コメディ・フランセーズで人気を博した。1940年バローと結婚,1946年ルノー=バロー劇団を結成し,マリニー座を拠点に活躍。

ルノー

フランスの法学者。ディジョン,パリ等の大学で商法や国際法を講じ,後政府顧問,国際仲裁裁判所判事,ハーグ国際平和会議代表。モネタとともに1907年ノーベル平和賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルノー【Madeleine Renaud】

1900‐94
フランスの女優。パリに生まれ,コンセルバトアール演劇科を首席で卒業,21年にコメディ・フランセーズに入座し,28年に正座員となる。はじめは娘役を,やがてコケット役に転じ,その美貌と端正な演技で観客を魅了した。第2次大戦中の42年にモンテルラン作《死せる女王》,43年にはジャン・ルイ・バロー演出のクローデル作《繻子の靴》など大作の主役を演じて成功したが,46年に夫でもあるバローとともにコメディ・フランセーズを退団,ルノー=バロー劇団を創設した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルノー

生年月日:1843年5月21日
フランスの法学者
1918年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ルノーの関連キーワード日野コンテッサ900 PC10ヘイキ コヴァライネンパトリック ル・ケマンロマン グロージャンティエリー ムロンゲヴィタリー ペトロフ軍隊生活の屈従と偉大ポール ディ・レスタカルロ バン・ダムパトリック ペラタフルエンスZ.E.グラン・セニック日野自動車[株]アンドレ ジロールノー[会社]アヴァンタイムヴェルサティスビスコー諸島ルノー4CVルノー25

ルノーの関連情報