見地(読み)けんち

精選版 日本国語大辞典「見地」の解説

けん‐ち【見地】

〘名〙
① みるところ。観察または議論のよりどころ。観点。見解。見識。「大局的見地に立つ」
※懶室漫稿(1413頃)七「若我衡山老和尚見地超卓、識量純全」
② 仏語。三乗に共通した十地の第四地。見道の第十六心、声聞の四果の初果である預流果の位。この位で見惑を断ずる。〔大智度論‐七五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「見地」の解説

けん‐ち【見地】

[名](スル)
物事を考えたり論じたりする場合の、よりどころとなる立場。観点。「教育的な見地に立つ」
土地を実際に見て調べること。
[類語](1観点視点視座目線次元着眼点目の付け所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「見地」の解説

【見地】けんち

見かた。

字通「見」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android