コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見地 ケンチ

デジタル大辞泉の解説

けん‐ち【見地】

[名](スル)
物事を考えたり論じたりする場合の、よりどころとなる立場。観点。「教育的な見地に立つ」
土地を実際に見て調べること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんち【見地】

観察・判断・思想・意見などが基づく立場。考え方。観点。 「道徳的-からは好ましくない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見地の関連キーワードオペレーションズリサーチ毒物及び劇物取締法ポイントオブビュープロダクトデザインスタンドポイントシネマテーク近隣諸国条項火薬類取締法国土総合開発アスペクト意志の自由古物営業法言語普遍論一般国家学基準地震動教育心理学数理言語学心理主義古代研究本来成仏

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見地の関連情報