コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日露協商論 にちろきょうしょうろん

1件 の用語解説(日露協商論の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日露協商論【にちろきょうしょうろん】

日本が朝鮮・中国への侵略を図るうえで,対立が深刻化した対ロシア策として伊藤博文(ひろぶみ)等が主張した意見。日本の朝鮮における優越権とロシアの満州経営の自由を相互に認めあう満韓交換の考えで,日英同盟を結んでロシアに対抗するとの桂太郎等の意見と対立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の日露協商論の言及

【日露戦争】より

…一方,日本は連合軍の一翼を担って大軍を派遣し,義和団の鎮圧により〈極東の憲兵〉としての有効な軍事力たることを実証した。このいわゆる北清事変以後,日本政府内には,東アジアで安定した国際的地位を確立するためイギリスとの接近をはかろうとする日英同盟論と,ロシアとの妥協により極東の平和を維持しようとする日露協商論とが台頭した。元老山県有朋や外相小村寿太郎らはロシアへの不信から前者を主張し,他方,元老伊藤博文,井上馨らは現実的な解決策として後者を推進しようとした。…

※「日露協商論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日露協商論の関連キーワードウエディングマウス創氏改名大東亜共栄圏林語堂掃攘キーターム特定非営利活動アンクルウエイト豊臣秀吉の朝鮮侵略レーリング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone