コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日英同盟 にちえいどうめいAnglo-Japanese Alliance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日英同盟
にちえいどうめい
Anglo-Japanese Alliance

1902年に締結された日本,イギリス両国間の軍事応援を伴う同盟。1905年と 1911年に改定された。ロシアの南下を警戒するイギリスと,ロシアの満州,朝鮮への進出を抑えようとする日本は,1902年1月30日第1次日英同盟を締結した。その主たる内容は,(1) イギリスの清国における,日本の清,韓両国における利益擁護,(2) 一方が第三国と交戦の場合他方の厳正中立,(3) 一方が 2ヵ国以上と交戦の場合他方の参戦義務などであった。日露戦争後の 1905年8月第2次日英同盟で日本の朝鮮に対する指導,監理,保護権を承認,適用範囲をインドに拡大し,攻守同盟へと強化された(→林董)。その後日米の対立が深まるにつれて 1911年7月第3次日英同盟へと改定され,対独同盟の性格となり,日本は日英同盟を口実として第1次世界大戦に参加したため,大戦後アメリカ合衆国の強い圧力によって 1921年12月ワシントン会議で廃棄が決定された。同時にこれに代わって日本,イギリス,アメリカ,フランスの四ヵ国条約が結ばれ,1923年8月四ヵ国条約の批准書交換に伴い消滅した。(→日本外交史

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にちえい‐どうめい【日英同盟】

明治35年(1902)日本と英国との間に結ばれた同盟条約。ロシアのアジア進出の牽制(けんせい)を目的とし、一方の締結国が2国以上と戦争状態に入った時には他方の締結国も参戦することを協約した。日本の第一次大戦参戦の根拠ともなったが、大正11年(1922)に廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日英同盟【にちえいどうめい】

日英両国の攻守同盟条約。日清戦争後ロシアの中国進出に対抗するため1901年1月から交渉を始めて1902年1月に締結。朝鮮・中国における日本の,中国における英国の,利益擁護のためにそれぞれのとる行動を承認するとともに,締約国の一方が2ヵ国以上と交戦の場合,他方は参戦の義務を負うものとした。
→関連項目大隈重信内閣桂=タフト協定桂太郎内閣加藤高明小村寿太郎ソールズベリー日露協商論林董山県有朋ワシントン会議

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にちえいどうめい【日英同盟】

1902年から23年まで継続した日本とイギリスの間の攻守同盟条約。日本が朝鮮,中国に勢力拡大をはかるに際し,北方帝政ロシアに対抗するため,東アジアにおけるイギリスの勢力を利用する傾向は,すでに日清戦争のときにみられる。イギリスもまたアジアにおける自国の利益を守るうえでロシアと対立しており,〈光栄ある孤立〉の伝統を放棄して同盟国を求める方向にあった。1900年中国で起こった義和団の蜂起と列国によるその鎮圧は,イギリスをして東アジアにおける日本の軍事力に注目させる機会となったし,また日本は義和団事件中に行った厦門(アモイ)占領計画に失敗し南進の企画をくじかれ,一方,ロシアの満州駐兵が進み,日本が朝鮮,中国への侵略をはかるうえで,北方のロシアとの対立が深刻化した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にちえいどうめい【日英同盟】

1902年(明治35)日本・イギリスがロシアの東アジア進出を牽制けんせいし、中国・朝鮮における両国の権益の保護のためロンドンで結んだ同盟。21年(大正10)ワシントン会議における四か国条約により、翌年廃棄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日英同盟
にちえいどうめい

最初はロシア、のちドイツを対象とした日本とイギリスの軍事義務を伴う同盟。1902年(明治35)1月30日成立(第一次協約)。以後、第二次、第三次と継続更新されたのち、1923年(大正12)8月17日の日本、アメリカ、フランス、イギリスによる四(し)か国条約の発効により終了するまで、およそ20年6か月にわたり存続し、日本外交政策の骨髄と称された。
 第一次協約をめぐる交渉は、北清(ほくしん)事変後中国をめぐる列強の対立とロシアの満州占領をきっかけに始められた。強大なロシア陸軍を牽制(けんせい)する必要からイギリスは「栄光ある孤立」を捨てて日本に接近した。日本では元老伊藤博文(いとうひろぶみ)らが満韓交換による対ロシア妥協の道を模索したが、小村寿太郎(こむらじゅたろう)外相を中心とする政局担当者は、ロシアと協商してもいずれ対決は避けられないとみて、駐英公使林董(はやしただす)に交渉を命じた。その結果、締約国が他の一国と戦争状態に入った場合に、同盟国は中立を守り他国の参戦防止に努める。また二国以上と戦争状態に入った場合は同盟国は参戦することを義務づけた同盟協約がロンドンで調印され、同時に海軍の協力に関する秘密公文が交換された。公文の趣旨に基づき同年中に軍事当局による協議が進められたが、日本は対露戦争に単独で臨む方針をとり、イギリスに軍事援助でなく財政援助を期待すると申し入れ、イギリスは好意的中立を約した。
 第二次協約は日露戦争末期の1905年(明治38)8月12日に調印されたが、第一次協約が「日本が現に韓国において有する優勢な利益を擁護する」と定めていたのに対し、第二次協約は適用範囲を拡大してインドをも含めることとした。したがって協約の目的は、東アジアおよびインドにおける全局の平和の確保、日英の領土権の維持ならびに日英両国の特殊利益を防護するものになり、同盟の性格も防御同盟から攻守同盟に変更された。なお1907年日露協約、英露協商が成立したのちはしだいにその性格をかえてドイツを対象とするようになった。第三次協約はアメリカの対日世論が悪化するなかで1911年7月13日に調印されたが、アメリカを同盟の適用範囲外とした。それはイギリスがアメリカと交戦する可能性を消去するためであった。
 第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)すると、日本はこの同盟を理由に連合国側にたってドイツに宣戦を布告し、青島(チンタオ)のドイツ租借地や南洋群島を占領した。第三次協約の期限が到来する1921年(大正10)7月を前に、中国をめぐってイギリス・アメリカと日本との対立が表面化すると、アメリカは、日英同盟が勢力範囲を相互に保障する排他的・軍事的な旧式外交の象徴であり、普遍的な国際協力による平和と安定を目ざす理想主義外交に脅威を与えるものとみなすようになった。そして太平洋の現状維持と領土保全を定めた四か国条約による置き換えを図り、実現した。[藤村道生]
『信夫清三郎・中山治一編『日露戦争史の研究』(1959・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日英同盟の言及

【イギリス】より

…しかし19世紀末以降,列強間の帝国主義的対立が激化し,イギリスの軍事的・経済的実力が相対的に低下するにつれて,バランサーとしてのイギリスの役割はしだいに失われた。日英同盟の締結(1902)は,〈光栄ある孤立〉政策修正への第一歩であった。第1次世界大戦後のイギリスは,バランサーの実力に欠けた条件下で,ヨーロッパ大陸に勢力の均衡をなおも試みたが,結局は対独〈宥和政策〉として失敗した。…

【光栄ある孤立】より

…しかし,ヨーロッパ列強の資本主義が次第に発展し,世界各地での帝国主義的対立が激化した19世紀末,イギリスは孤立政策に危険を感じ,同盟政策へと転換する。その第一歩が,1902年の日英同盟であった。さらに中欧でのドイツの強大化やその海軍拡張政策は,英仏協商(1904),英露協商(1907)の締結へと踏み切らせ,イギリスは孤立政策を完全に放棄した。…

【日露協約】より

…しかし,17年10月のロシア革命によって廃棄された。 1902年に締結され,第1次大戦後のワシントン会議の四国条約の発効で廃棄されるまで続いた日英同盟は,この時期の日本の帝国主義化を支える根幹となった。その日英同盟とこの日露協約とによって,日本は第1次世界大戦までの帝国主義の世界支配のなかで自己の地位を確立した。…

【日露戦争】より

…一方,日本は連合軍の一翼を担って大軍を派遣し,義和団の鎮圧により〈極東の憲兵〉としての有効な軍事力たることを実証した。このいわゆる北清事変以後,日本政府内には,東アジアで安定した国際的地位を確立するためイギリスとの接近をはかろうとする日英同盟論と,ロシアとの妥協により極東の平和を維持しようとする日露協商論とが台頭した。元老山県有朋や外相小村寿太郎らはロシアへの不信から前者を主張し,他方,元老伊藤博文,井上馨らは現実的な解決策として後者を推進しようとした。…

※「日英同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日英同盟の関連キーワード四か国条約(しかこくじょうやく)G.B. ナヴリツカヤランズダウン(侯)I. ニッシュワシントン体制ポーツマス条約北京関税会議日韓保護条約四か国条約バルフォア四箇国条約栗野慎一郎後藤 武男山座円次郎遠交近攻英露協商ロンドン日露協商ミーエン日仏協約

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日英同盟の関連情報