コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧市街広場 きゅうしがいひろば

1件 の用語解説(旧市街広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

きゅうしがいひろば【旧市街広場】

チェコの首都プラハにある広場。9世紀から交易地として栄え、市場などが並んで市政の中心地だった。広場の中央には、15世紀にローマ教会の堕落を激しく批判したため、異端者としてここで火あぶりの刑に処せられた聖職者、ヤン・フスの像が建っている。また、有名な時計塔は、針が回るのではなく時計盤が回る不思議な時計である。正時になると鐘が鳴るが、時計の上にある窓から人形が回りながら出てきて、時計の隣にいる骸骨が持つ鈴を鳴らす、という仕掛けになっている。広場でひときわ目を引く建物は、2つの尖塔が特徴的なティーン教会で、1365年に建設された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧市街広場の関連キーワードカレル通りカレル広場コノピシュチェ城聖イジー教会トロヤ城ナプシーコピエ通りビリャ広場プラハ城プラハの天文時計マラーストラナ広場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旧市街広場の関連情報