堕落(読み)ダラク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)4が原義》
生活がくずれ、品行がいやしくなること。節操を失うこと。身をもちくずすこと。「酒がもとで堕落する」
物事がその本来あるべき正しい姿や価値を失うこと。「小説も堕落したものだ」「政治の堕落
おちぶれること。零落。
「此の長物に頼って官途に在るは…、日ならずして―せん」〈服部誠一・東京新繁昌記〉
落ちること。墜落。
「仰げば高山突兀(とっこつ)として頭上に―し来らんとし」〈鉄腸雪中梅
仏語。道心を失って悪道に落ちること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 落ちること。脱落。墜落。
※正法眼蔵(1231‐53)三十七品菩提分法「眉鬚堕落し、面目破顔するなり」 〔詩経伝‐召南・摽有梅〕
② 仏語。道心を失い犯戒の心をおこすこと。仏道を修行する清浄な心を失って、俗世の人のような俗悪な考えに染まること。あるいは悪道に陥ること。
※古事談(1212‐15頃)三「披露儲妻之由。〈略〉仁賀は偽称堕落之由
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)四立「ふとした心の迷ひより、女犯(にょぼん)だらくの此清心」 〔法華経‐譬喩品〕
③ 品行が悪くなって正しい生活ができなくなること。身をもちくずすこと。品性が卑しくなること。また、物事が、正常で健全な状態を失うこと。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉一七「此奴めが我をあさましいものに堕落させたかと」
④ おちぶれること。勢いがなくなること。失敗すること。零落。
※大鏡(12C前)四「この内侍のちにはいといみじう堕落せられにしも、そのけとこそはおぼえ侍しか」 〔荀子‐富国〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堕落の関連情報