旧有壁宿本陣(読み)きゅうありかべじゅくほんじん

国指定史跡ガイドの解説

きゅうありかべじゅくほんじん【旧有壁宿本陣】


宮城県栗原市金成にある奥州街道宿駅の一つ。主要街道の数少ない本陣遺構で、幕末までその機能は維持されていた。1619年(元和5)に奥州道中の一関宿と金成(かんなり)宿の中間に設けられた宿駅で、1744年(延享1)に宿場本町が全焼し、現位置に移転・改築した。その後、数回の修理などがなされ、もともと茅葺きだったものが瓦葺きに変わってはいるが、御成門、本陣、私宅、蔵などは当時のまま残っている。また、江戸時代の様相や宿駅の経営を伝える重要な歴史資料として「宿駅検断文書」「本陣宿泊文書」「佐藤家内文書」が残り、本陣に展示されている。1971年(昭和46)に国指定史跡となった。東北自動車道若柳金成ICから車で約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報