コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦葺き カワラブキ

デジタル大辞泉の解説

かわら‐ぶき〔かはら‐〕【瓦×葺き】

瓦で屋根を葺くこと。また、その屋根。
仏寺をいう斎宮忌み詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

瓦葺き

陶器製(粘土)や石(石瓦)、セメント(セメント瓦)、金属製(銅瓦など)のものを用いた、瓦を用いて屋根を仕上げる事。耐久・耐火・耐熱性を持ち、瓦一つ一つが容易に取り外しが可能なため、1枚が割れても取替えが可能で修理がしやすいが、強風や揺れなどに弱い。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

不動産用語辞典の解説

瓦葺き

重なり合うような曲面の形状に作られた粘土製の板を「瓦」といい、この瓦によって屋根を覆うことを「瓦葺き」といいます。
「瓦葺き」は、耐久性には富んでいますが、金属・スレートなどと比べると重く、吸水性が高いなどデメリットもあります。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かわらぶき【瓦葺き】

瓦で屋根を葺くこと。また、その屋根。
寺をいう斎宮の忌み詞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の瓦葺きの言及

【社寺建築構造】より

… 屋根の各部には,棟,降棟(くだりむね),隅棟(すみむね),稚児棟(ちごむね),箕甲(みのこう),螻羽(けらば)などの名がある(図3)。材料としては,瓦,檜皮(ひわだ),柿(こけら),茅(かや),銅板が普通であるが,古くは寺院は瓦葺き,神社は茅葺きが本来の姿で,今日でも伊勢神宮は茅葺きの伝統を伝えている。檜皮葺きはヒノキの樹皮を,柿葺きは薄く割った木片を葺いたもので,柿葺きは厚さ2mmくらいの薄板のものをいい,4~7mmのものを木賊(とくさ)葺き,9~30mmの厚いものを栩(とち)葺きなどという。…

※「瓦葺き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瓦葺きの関連キーワードホローケーの古村落とその周辺地区廉塾ならびに菅茶山旧宅当麻寺中之坊庭園土留め桟・土留桟名生館官衙遺跡石貫穴観音横穴柏原藩陣屋跡大分元町石仏旧有壁宿本陣伊能忠敬旧宅佐渡国分寺跡宇陀松山城跡木戸孝允旧宅谷川士清旧宅松山西口関門福沢諭吉旧居旧豊宮崎文庫引掛け桟瓦葺北山十八間戸箕作阮甫旧宅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓦葺きの関連情報