コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅葺き/萱葺き カヤブキ

デジタル大辞泉の解説

かや‐ぶき【××葺き/××葺き】

茅で屋根を葺くこと。また、その屋根。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かやぶき【茅葺き】

茅で屋根をふくこと。また、その屋根。 「 -屋根」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かやぶき【茅葺き/萱葺き】

屋根材にを用いた屋根。また、この屋根をふくこと。茅はイネ科の芒(すすき)や茅(ちがや)、カヤツリグサ科の菅(すげ)などの総称縄文時代竪穴(たてあな)住居より見られ、東北地方以西の民家では古くから多用されてきた。大量の茅と人手を必要とすることから近年は減少し、重要文化財などに指定される建築物もある。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の茅葺き/萱葺きの言及

【社寺建築構造】より

… 屋根の各部には,棟,降棟(くだりむね),隅棟(すみむね),稚児棟(ちごむね),箕甲(みのこう),螻羽(けらば)などの名がある(図3)。材料としては,瓦,檜皮(ひわだ),柿(こけら),茅(かや),銅板が普通であるが,古くは寺院は瓦葺き,神社は茅葺きが本来の姿で,今日でも伊勢神宮は茅葺きの伝統を伝えている。檜皮葺きはヒノキの樹皮を,柿葺きは薄く割った木片を葺いたもので,柿葺きは厚さ2mmくらいの薄板のものをいい,4~7mmのものを木賊(とくさ)葺き,9~30mmの厚いものを栩(とち)葺きなどという。…

【屋根】より

… 屋根には防水性のほかに,強い日射を遮ったり,室内の暖気を逃さないための断熱性が要求される。一般には,屋根の下に天井を設け天井裏の空気層によって断熱性を確保するが,茅葺きの場合には,屋根葺き材そのものが断熱的なものとなっており,天井がなくても夏涼しく冬暖かい家が実現できる。天井裏の空気層を密封すれば十分な断熱効果があるが,屋根の裏面で空気が冷やされるため結露が生じやすくなる。…

※「茅葺き/萱葺き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茅葺き/萱葺きの関連キーワード夢二郷土美術館分館 夢二生家・少年山荘契沖旧庵〈円珠庵〉ならびに墓白川郷仙台藩花山村寒湯番所跡菅田庵(かんでんあん)ネイチャーランド・オムかやぶき職人育成事業新庄藩主戸沢家墓所越中五箇山菅沼集落旧有備館および庭園富山市民芸合掌館クリエイト菅谷佐久良東雄旧宅塙保己一旧宅安井息軒旧宅福沢諭吉旧居旧有壁宿本陣小林一茶旧宅三浦梅園旧宅伊藤博文旧宅

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android