コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金成 かんなり

3件 の用語解説(金成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金成
かんなり

宮城県北部,栗原市北東部の旧町域。陸羽街道 (→奥州街道 ) 沿いにあり,北と東は岩手県に接する。 1955年町制。 2005年築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金成
かんなり

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(金成町(ちょう))。現在は栗原市の北東部を占める地域。旧栗原町は、1955年(昭和30)金成、沢辺(さわべ)、萩野(はぎの)、津久毛(つくも)の4村が合併して町制施行。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。JR東北本線が通じ、東北自動車道、国道4号が縦貫する。東北本線石越(いしこし)駅から延びていた、くりはら田園鉄道は2007年に廃止された。南部の金成と沢辺は奥州街道と登米(とめ)街道の交差点に位置し宿駅のあった所。北部の有壁(ありかべ)は奥州街道の宿場町で、本陣、脇本陣などがあった。本陣は建物が残り、国史跡に指定されている。南部はいわゆる金成耕土の中心で、良質の米を産し迫(はさま)米として江戸・深川の三銘柄に位置づけられていた。米作のほか、リンゴ栽培が盛ん。三迫(さんはさま)川より灌漑(かんがい)用水を取り入れる板倉堰(ぜき)に生息するゲンジボタルは国の天然記念物。小迫(おばさま)の延年(小迫祭り)は国の重要無形民俗文化財。[青柳光太郎]
『『金成町史』(1973・金成町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金成の関連キーワード宮城県栗原市一迫宮城県栗原市鶯沢宮城県栗原市金成宮城県栗原市金成有壁宮城県栗原市金成中町宮城県栗原市栗駒栗原宮城県栗原市瀬峰高清水〈町〉宮城県栗原市築館城生野宮城県栗原市花山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金成の関連情報