旧白金御料地(読み)きゅうしろがねごりょうち

国指定史跡ガイドの解説

きゅうしろがねごりょうち【旧白金御料地】


東京都港区白金台・品川区上大崎にある御料地跡で、現在の国立科学博物館付属自然教育園室町時代の白金長者の館跡と伝えられ、江戸時代には松平讃岐守の下屋敷だった。明治時代には陸海軍火薬庫として使用され、大正時代に白金御料地となり、1949年(昭和24)に「旧白金御料地」として天然記念物および国の史跡に指定された。1962年(昭和37)からは、国立科学博物館付属自然教育園となり一般公開されている。園内は旧武蔵野植物群落の一部を示す約200種余の植物やタヌキなどの動物、オシドリやカモが生息するばかりでなく昆虫類の種類も多く、域内には谷状に入込む低湿地に臨んだ台地上に館の遺構が残る。JR山手線ほか目黒駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android