コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火薬庫 カヤクコ

3件 の用語解説(火薬庫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かやく‐こ〔クワヤク‐〕【火薬庫】

火薬などをしまっておく倉庫。かやくぐら。
大事件・紛争などが起こる危険性の高い場所。「ヨーロッパの火薬庫

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

火薬庫【かやくこ】

火薬類を保管・貯蔵するための建造物。日本では火薬類取締法により,多量の火薬類を長期間貯蔵する恒久的な1級火薬庫(火薬40t,爆薬20t),土木工事などで一時的に使用される2級火薬庫(火薬20t,爆薬10t),販売業者が設ける3級火薬庫(火薬50kg,爆薬25kg)など8種を規定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かやくこ【火薬庫】

火薬類を保管しておく倉庫。
大事件・大変事を引き起こす危険性をはらんでいる所。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火薬庫の関連情報