コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧蔵 キュウゾウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ぞう〔キウザウ〕【旧蔵】

[名](スル)
以前から所蔵していること。また、その物。「旧蔵の品を寄贈する」
以前に所蔵していたこと。また、その物。「古刹に旧蔵されていた経巻」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうぞう【旧蔵】

( 名 ) スル
昔から所蔵していること。また、その物。 「 -品を陳列する」
以前所蔵していたこと。また、その物。 「某宮家に-されていた古筆」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旧蔵の関連キーワード清水寺(せいすいじ 長野県)アポロニオス[トラレス]ビーナス[メディチ]テヘラン考古学博物館オーセールの婦人像フレマールの画家大和田重清日記三十六歌仙絵巻後花園院御消息上井覚兼日記御仕置例類集諸病源候論清海曼荼羅夜半の寝覚長谷川久蔵ブロムホフ宮寺縁事抄石水博物館桂本万葉集キージの壺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧蔵の関連情報