コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨董 コットウ

デジタル大辞泉の解説

こっ‐とう【骨×董】

美術的な価値や希少価値のある古美術品や古道具類。骨董品。アンティーク。「書画骨董
古いだけで実際の役には立たなくなったもの。「骨董存在

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こっとう【骨董】

〈董〉は奥深く蔵することをいい,〈古董〉とも書かれて,愛玩すべき古物を指した。また中国では古く,細かなものを入れ混じえる意もあり,魚や野菜を種々混ぜ合わせた煮物汁を〈骨董羹〉,五目飯のような混ぜご飯を〈骨董飯〉と呼んだことが知られる。明代の文人董其昌の《骨董十三説》に,骨董と呼ぶべきものとして金,玉,書画墨跡,石印,鐫刻(せんこく),窯器,漆器,琴,剣,鏡,硯(すずり)などがあげられており,日本で用いられてきた骨董の語もおおよそこの意味に沿いながら,日本的に変容されたものというべきであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こっとう【骨董】

古美術品や希少価値のある古道具。骨董品。アンティーク。 「 -に凝る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨董
こっとう

もとはごたごたしたつまらないもののことであるが、美術的な書画、刀剣、陶器などをいう。これら古人が使用したものを文人たちが実用と愛玩(あいがん)のために文房具として座右に置く風習は日本では室町時代からおこり、江戸中期ころからそれらを骨董とよぶようになった。明治には古い伝世の美術工芸品を骨董と総称し、それらを販売する古物(こぶつ)屋を古道具屋または骨董屋とよぶようになった。現代では絵画の類を別にし、器物の類だけを骨董として扱う傾向がある。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

骨董の関連キーワードキャットストリートyouthful daysアンティーク・ファッションアブラハム オルテリウスアンティークショップ開運!なんでも鑑定団掘り出し物・掘出し物リルシュルラソルグブラック商会変奇郎グランサブロン広場アンティークドールオルタナティブ投資レディシノワズリジュドバル広場借金を質に置くアンティークジャポネズリ燕雀庵夜咄いけません木村蒹葭堂

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨董の関連情報