コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早池峰大償神楽 ハヤチネオオツグナイカグラ

デジタル大辞泉の解説

はやちねおおつぐない‐かぐら〔はやチねおほつぐなひ‐〕【早池峰大償神楽】

岩手県花巻市の大償地区に伝わる神楽。早池峰山を開いた田中明神の神主から伝えられたものとされ、早池峰岳神楽と合わせて早池峰神楽をなす。山の神の面が「阿(あ)」の表情になっており、早池峰岳神楽で使われる「吽(うん)」の面と「阿吽」で対をなしている。大償神楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

早池峰大償神楽の関連キーワード佐々木 金重岩手県花巻市

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android