コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の神 やまのかみ

7件 の用語解説(山の神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山の神
やまのかみ

山を支配し領有する神。農民は田の神と結びつけて考え,山で働く人々は山を司る神と考えるなど,その内容は種々ある。 (1) 山そのものの姿態および山をめぐる自然現象に神秘性を感じて,それを神霊の力なり意志の現れとして神聖視する山岳信仰上の山霊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山の神

箱根駅伝の山登り区間の5区で、並外れた走力を見せた選手の異名。2005年から3年連続で区間記録を更新して区間賞を獲得した順大の今井正人選手の活躍をたたえ、メディアが名付けたのが最初。現在の区間記録保持者で、09年から3年連続で区間賞を獲得している東洋大4年の柏原竜二選手(福島県いわき市出身)は「新・山の神」と呼ばれる

(2011-06-06 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐かみ【山の神】

山を守り、支配する神。多く、女性神として信仰され、農民・狩猟民・鉱業者などに祭られる。→田の神
妻のこと。特に、結婚してから何年もたち、口やかましくなった妻。
カジカ科の淡水魚。頭部が縦扁し、体色は黄褐色で暗色の横帯が5本あり、産卵期にはしりびれなどが赤色になる。晩秋に川を下って産卵、稚魚は翌年4、5月ごろ川を上る。2年めには16センチくらいになる。食用で、中国では松江鱸魚(しょうこうろぎょ)といい珍重される。日本では有明海付近の川に生息。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山の神【やまのかみ】

山を支配する神。山仕事に従う人に信仰される。性格はあいまいで男神,女神,または夫婦神とされ,天狗(てんぐ)の別称とする地もある。大山祇(おおやまづみ)神木花開耶(このはなのさくや)姫として神社の祭神となることもあるが,一般には小さな祠(ほこら)や石,Y字形や三股(みつまた)など特殊な形の大木を対象としてまつることが多く,おこぜや,みそをまぶした御幣餅などを供える。
→関連項目山岳信仰初山富士の巻狩またぎ山開き山宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やまのかみ【山の神】

日本列島は海洋に囲まれながら,陸地の面積の大部分が山地によって占められている。その山地は水の源であるほか,植物,動物,鉱物などの生活資源となるものを豊富に提供し,その恩恵によって多くの人々が独自の文化を生み出してきた。反面,山は出水,風雪,雷電による災害の原因をつくり出し,ときには火山の噴火にともなって人間生活を根底から破壊しつくすこともある。山は人間に対して,正と負との両面の働きかけをすることにより,恩頼と畏怖の観念を同時に併存させた神秘的な存在であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまのかみ【山の神】

山を支配する神。粢しとぎやお神酒・虎魚おこぜなどを供えてまつる。神の性格や祭日・まつり方などは、地方やまつる人々によって異なる。農家では春秋に田の神と交替するという。
俗に、頭の上がらなくなった自分の妻のこと。特に、口やかましくなった妻をいう。
カサゴ目の淡水魚。全長15センチメートルほど。体形はカジカに似る。体色は茶褐色で、鱗うろこはない。食用。中国・朝鮮に分布し、日本には筑後川付近にだけ生息。タチャ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山の神
やまのかみ

山を支配する神。全国にみられる民間信仰で、多くの土地では山の神は女神だという。しかし男神という所もあり、また夫婦(めおと)神としている例もある。山の神を女神としている地方では、この神は容貌(ようぼう)がよくないので嫉妬(しっと)深く、女人が山に入るのを好まないという。山の神信仰については、山仕事をする木こり、炭焼き、狩人(かりゅうど)などと、農作をする人々との間では多少の違いがある。農民の信ずる山の神は、春先山から下り田の神となって田畑の仕事を助け、秋の収穫が終わると山へ帰り山の神となるという。山仕事をする人々は、山の神が田の神になるというようなことはいわない。
 山の神の祭日には山へ入ってはならぬという。この日山の神は山の木を数えるとか、木を植えるとかいう。祭りは7日、9日、12日などまちまちであるが、東北地方では多く12日で、山の神を十二様とよんでいる。十二様は女神で1年に12人の子を生むという。これにちなんで山の神の祭りには12個の餅(もち)を供える。山の神は祭りに女子が参加することを好まないという。津軽地方では山小屋に12人の者が入るのを嫌ったり、物をそろえる場合など12という数を避けるようにしている。山の神への供物(くもつ)は全国を通じて粢(しとぎ)、餅などがあるが、とくに神の好むものとして海オコゼという魚がある。山の神への供物を女が食べると気の荒い子が生まれるといわれている。神奈川県から山梨県へかけて正月21日の行事に、山の神の冠(かんむり)落としといって、篠竹(しのだけ)で弓矢をつくり山の神に供える。この日山の神が狩りをする。神は冠の落ちるのもかまわず弓を射るので、その矢に当たるかもしれず危険で山へは行けぬという。九州博多(はかた)地方では、旧暦12月24日を山の神の洗濯日といい、その日はやはり山へ入るのを遠慮するという。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山の神の言及

【オオカミ(狼)】より

…古代から聖獣と考えられ,人語を解し人の性の善悪を見分けて悪人を害し善人を守ると信じられた。また,山の神の使者とも仮の姿ともいわれてオイヌサマの名で信仰の対象ともなっている。とくに近世有名であったのは関東秩父の三峰神社,中部地方の山住大権現で,熊野地方の神社や但馬,若狭地方にもこれを守札に刷って出した社寺があり,修験道の信仰もその流布にあずかったらしい。…

【山神】より

…チベットではかつてカンチェンジュンガ山はそれ自体崇拝の対象であったが,後になるとカンチェンジュンガなる神のすみかとみなされるにいたった。 日本の民間信仰における山神は一般に〈山の神〉と称されるが,農民と山民(炭焼き,猟師,きこりなど)とではその性格を異にしている。農民の信奉する山の神は,春先に里に来て田の神となり,秋の収穫後に山に戻って山の神になるといわれる。…

【しゃくし(杓子)】より

…東北地方では主婦をヘラトリといい,主婦権譲渡をヘラワタシという。しゃくしは田の神や山の神の採物ともされ,主婦が山の神と称されるのもこのためという。しゃくしはさまざまなまじないにも使われ,家の戸口にさして悪疫や風邪よけとしたり,自在かぎに結びつけて火伏せのまじないにもされた。…

【狩猟儀礼】より

…九州阿蘇神社の下野の狩り,信州諏訪大社の酉の祭などはこの種の儀礼の大規模なものといえる。小さな儀礼としては狩猟者が獲物を射止めた折に,解体してその内臓の一部や肉片,あるいは毛や耳,舌など身体の一部を山の神に供え,次の獲物があるように祈る儀式もある。さらに熊など巨大なまた強力な野獣を得たとき,その霊が恨み怒ってたたりをなすことを防ぐために,その頭骨をまつって石を口にかませ,または上下顎骨を分離して葬り,あるいはいり豆とともに埋めて〈この豆が芽を出すまで生きかえるな〉などと唱えるなどの呪術的なものもあり,後者は主として専業宗教者の関与するところであったらしい。…

【狩猟伝承】より

… 狩りは道具や技術もさることながら,予期しえない偶然や動物生態,天候,地形,植生などの条件に左右されやすいために,人に神秘感を与え獲物の多少を神霊の力や個々の運勢によるものと考えさせる場合が多かった。そのために山の神に対する信仰や縁起をうんぬんすることが伝承として多くかぞえられる。たとえば出産・死亡についての謹慎事項が多く,家族・親族にこれにかかわる者があると不猟であるばかりか,大きな事故にあうとして忌まれる。…

【職業神】より

…また田の神は恵比須・大黒と習合して信仰されることもあり,その信仰はきわめて複雑である。だが田の神信仰の特徴は,神が一定の場所に常在するのではなく,稲作過程の折り目にそって去来すると考えられており,一般には春に山から里に降りてきて田の神となって稲の生育を見守り,秋に再び山に帰って山の神となると考えられている。 山民の信仰する山の神も普遍的なものは農民とほぼ共通であるが,山村では山の領域を守護してくれる一種の地主神というべきものがあり,三又など特徴のある木そのものに神が宿ると考え,そうした木の根元に神体石や祠をおいてまつることが多い。…

【数】より

… 10をこえた数では12,13,33,49,100,1000などが重用される。12は1年の月数であり,しかも3と4をかけた聖数であって暮れのミタマノメシのように供物の数としてしばしば用いられるほか,山の神を十二様とか十二山の神とよぶ地方もある。13は日本では十三仏,十三塚,十三参りなど信仰上の重要な数であり,十三(じゆうそう)という地名も各地に分布している。…

【船下し】より

…この際,船主とか船主の妻女をわざと海へつき落としたり,あるいはコケラオトシとかコケラオドシなどといって,わざと船を大きく揺らせる風習や,船を一度転覆させる所作が伴うところがある。これは船材についている山の神の霊をおとすためであると説明されることが多い。【高桑 守史】。…

【巻狩】より

…富士の巻狩は源頼朝が将軍の権力によって,下野那須野,上野三原,富士山麓で催したうちの一つであるが,偶然曾我兄弟の仇討が行われたので有名になった。巻狩の本来の目的は山の神の意志をうかがうための一種の祭儀の意味をもったらしい。定例的な祭儀としての巻狩は諏訪明神の御射山(みさやま)祭,阿蘇神社の下野の狩りなどが名高い。…

【三面】より

…しかしゼンマイ採りの沢や山腹斜面は,共同の組によって採取時期が規制され乱採が戒められてきた。山の神の信仰は今も強く,サガミ様が鎮まるという相模山を見る場所では,みなこれを拝して山中のぶじを祈り,この山にすむという爪白の熊は姿を見ても射てはならぬと伝えている。また山崎伊豆守なる人物の伝えた〈狩の巻物〉と称する近世の書が伝えられてきた。…

【みそ(味噌)】より

…みその原料である豆や麦は,畑作農耕を基盤にしていることから,畑作信仰と関連ある要素をうかがうことができる。例えば,みそのにおいを山の神が好むといい,山の神祭にみそ田楽やみそをぬって焼いた御幣餅を作るところは多い。また,死者に供える膳にみそをそえたり,野辺送りから帰ったときの清めにみそを使うなど,塩ときわめて近い関係で考えられているところもある。…

【米良荘】より

…小水は携えた竹筒を使用した。終わると木から降りたときの作業歌を歌い山の神に感謝を捧げる。これらは田植における田植歌の儀礼に対応するもののようである。…

【厄】より

… 厄日には暦にもとづく陰陽道によるものが多く,外出を忌む坎日(かんにち),葬式を忌む友引(ともびき),家屋の建築や旅立ちを忌む三隣亡(さんりんぼう),種まきや植樹を忌む不熟日(ふじゆくにち)・地火(じか)の日などがよく知られているが,二百十日とか二百二十日を厄日とする所も多い。また,新潟県西頸城郡のように旧暦2月9日を厄日といって,山の神が山を回る日だからそこへ入るとけがをするというように,全国的に山の神の日を厄日としている。 厄月は一般に正月,5月,9月があてられているが,これはむしろたいせつな神祭の月として不浄や穢(けがれ)のないように慎みの生活を送ることに重点がおかれている。…

【山口祭】より

…やまぐちまつりともいう。平地の農民が山中に立ち入って狩猟,伐木その他山林の資源を採取するに際して,山林に立ち入る通路の入口で山の神を祭り,行動の安全と立入りの許可を祈願すること。山口にある大木や岩石を山の神の座にみたて,ここにを折ってさし,酒などを注いで祈ることは,現在でも伐木業に従う人々が行っている。…

【山人】より

…なかでも重要な構成主体は,海の民が山地に移住した場合であるという。もと海の神に奉仕し祭りを行っていた海の民が山に移り住んだことによって,海の神に対する信仰を山の神にふりかえた部分があるというのである。宮廷の大嘗祭をはじめ平野や賀茂の大社の祭りに山人として参加しているのは,もともと海上はるかなかなたの海の神の祝福をもたらす役割であったのが,山に移住して山の神の奉仕者となったため山の神の祝福をもたらす者として現れてくるようになったのだと説く。…

【猟師】より

…女性は猟師の活動の場である山中や海上に出かけること自体が禁じられ,舟に乗ること,武器を使用することも猟行為としてはタブーに属する。その理由は主として女性の生理から説明され,山の神・海の神が女性とされているため,神が女性を嫉妬し忌むのだとされるが,正確にはまだ十分解明されていない。狩猟またぎ【千葉 徳爾】。…

※「山の神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山の神の関連キーワード山田町山手町七高山山冠山隈山偏山下町山根山屋メール[山]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山の神の関連情報