コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早雲長太夫 はやくも ちょうだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早雲長太夫 はやくも-ちょうだゆう

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者,名代(なだい)。
寛文9年(1669)蜘舞物真似(くもまいものまね)の名代をゆるされ,京都四条河原の早雲座で興行をはじめる。初名を長吉といい,元禄(げんろく)4年(1691)長太夫と改名。明治26年早雲座が廃座となるまで名跡は継承された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

早雲長太夫

生年:生没年不詳
江戸前期の京都・早雲座の名代(興行の許可を得た名義人)。寛文9(1669)年「歌舞伎物真似」の名代を許され,京都四条河原北側で興行を始めた。はじめは「蜘舞物真似」を専門としていたらしく,これが早雲の姓の由来と考えられる。なお長太夫の名代は4代以降詳細が明らかではないが,早雲座は明治26(1893)年に廃座するまで続いた。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone