コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早雲長太夫 はやくも ちょうだゆう

2件 の用語解説(早雲長太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早雲長太夫 はやくも-ちょうだゆう

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者,名代(なだい)。
寛文9年(1669)蜘舞物真似(くもまいものまね)の名代をゆるされ,京都四条河原の早雲座で興行をはじめる。初名を長吉といい,元禄(げんろく)4年(1691)長太夫と改名。明治26年早雲座が廃座となるまで名跡は継承された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

早雲長太夫

生年:生没年不詳
江戸前期の京都・早雲座の名代(興行の許可を得た名義人)。寛文9(1669)年「歌舞伎物真似」の名代を許され,京都四条河原北側で興行を始めた。はじめは「蜘舞物真似」を専門としていたらしく,これが早雲の姓の由来と考えられる。なお長太夫の名代は4代以降詳細が明らかではないが,早雲座は明治26(1893)年に廃座するまで続いた。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早雲長太夫の関連キーワード座元名代夷屋儀左衛門大坂太左衛門(4代)亀屋粂之丞(初代)河内屋与八郎桐長桐塩屋九郎右衛門(2代)布袋屋梅之丞(初代)都万太夫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone