コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭蟹 アサヒガニ

デジタル大辞泉の解説

あさひ‐がに【××蟹】

十脚目アサヒガニ科のカニ。が縦長で、甲長約20センチ。腹節が背面から見える。全身赤橙色。歩脚の平たい指節を使って後退しながら砂に潜る。相模湾以南から沖縄にかけて分布食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさひがに【旭蟹】

海産のカニ。甲長10センチメートルぐらい。甲は橙赤色で、甲面に小さいとげが多数ある。腹部を折り曲げることができない。後退しながら砂にもぐる。食用にする地方もある。相模湾以南に分布。ベニガニ。猩猩しようじよう蟹。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

旭蟹 (アサヒガニ)

学名:Ranina ranina
動物。アサヒガニ科の食用ガニ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

旭蟹の関連キーワード猩猩海産

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android